OZUPLCとは

“魔法使い”のOZと、電力線を利用した通信「Power Line Communication(PLC)」を掛け合わせて、
【OZUPLC】という名前ができました。

無線通信が汎用的になった現代でも、無線が届きにくい建物内での壁超えや、階をまたがっての通信では、電力線を使った通信「PLC」がその弱点を克服します。

「PLC」を使って照明の明るさを自在に変えたり、エアコンの室外機の能力を抑えたり、太陽光発電のパネルの細かな発電量を計測したりすることができます。

LEDを調光することで、停電発生時にはLEDの明るさを最小限に抑え、バッテリーなどを使って長時間照明を続けることができます。
デマンド値を把握し、エアコンの室外機などの出力制御を行うことで、電気料金を抑えます。
太陽光発電でパネルの発電量を把握することで、常に最大の発電量を得ることに役立ちます。


このように、PLCを用いたシステムをOZUPLCと呼んでいます。